里の恵み 編集室

2017年5月、東京から長野県飯山市に移住しました。北信エリアを中心に、長野暮らしのあれこれをつぶやきます。

「いいやま風っこ」ちょっとだけ乗車!

いいやま風っこ

JR東日本の夏の臨時列車プレスリリースを見て以来、風っこファンとしては、どうしても乗りたかった「いいやま風っこ」に乗ってきました。

お昼過ぎまで仕事があったので、戸狩野沢温泉駅飯山駅という、わずか17分の乗車でありました(本当は長野↔森宮野原駅を往復で乗りたかったなー)。

いいやま風っこ

ヘッドマークのお花はひまわりですね。よく見たら、赤い鉄橋がかかる千曲川の対岸には菜の花が咲いているようです。

ボックス席にいたのは、はにかんだ笑顔がかわいい子供連れの夫婦。なんと、いいやま風っこに乗るために、新幹線で東京からやってきたそうです。

 

いいやま風っこ

田んぼもだいぶ青々としてきました。まさに緑のじゅうたん!

 

いいやま風っこ

飯山駅で停車中。私は下車して目をつけていた撮影スポットに向かいます。

 

いいやま風っこ

シャッターを切るのが早すぎました(泣)。

いいやま風っこの手前に田んぼ、向こうには高社山。お気に入りのスポットです。実はここ、横に長く平べったい倉庫がありまして、窓の向こうが白いのはそのせいです。

いいやま風っこ

この日はかなり蒸し暑かったのですが、走り出すと車内に風が通って気持ちよかったです。列車にゆられながら見る風景は、いつも見ているそれではありますが、何か特別な感じがします。しかも風っことなれば、さらに特別感がありました!

そんなわけで、「鉄分」をぐんと補給できた午後のひとときでした。

 

ちなみに午前中は何をしていたかというと、ブルーベリーを摘んでいました。「アントシアニン」も大量摂取(笑)

ブルーベリー、いっぱい摘んできました。