里の恵み 編集室

2017年5月、東京から長野県飯山市に移住しました。北信エリアを中心に、長野暮らしのあれこれをつぶやきます。

野沢温泉「ふるさとの湯」と自家製ジェラート

茶屋池のハイキングの後、野沢温泉へ行きました。

野沢温泉=熱すぎて入れない!」というトラウマがあって、ご近所に名湯があるにもかかわらず、体温くらいのぬる湯が大好きな私としては、飯山に来てからもまったく行ってなかったのですが、今回立ち寄った「ふるさとの湯」という有料の共同浴場は、普通につかれる熱さでした。

内湯はあつ湯とぬる湯に分かれていて、露天風呂もありました。露天風呂のお湯が乳白色だったので、そちらに直行。黒っぽい湯の華が舞っていました。

野沢温泉はすべて源泉かけ流し。硫黄の香りにつつまれて、濃ゆい温泉に入ったな〜という満足感にもひたれました。

2011年にオープンした施設とのことで、とてもきれいです。ちなみに内湯は透明でした。大人500円。

湯上がりにハウスサンアントンで自家製ジェラートを。

野沢温泉 ハウスサンアントンの自家製ジェラート。おいしい!

アプリコットといちごチョコチップ(だったかな?)。自然な甘さがおいしいのです。源泉かけ流し温泉と自家製ジェラートの組み合わせ。最高ですね。

飯山駅までは野沢温泉ライナーバスで戻ります。片道600円。あれ、路線バスより安いんじゃ…。また行こう。

 

麻釜温泉公園「ふるさとの湯」 : 北信州野沢温泉 観光協会オフィシャルウェブサイト

信州野沢温泉 ホテル ハウスサンアントン の トップページ


st-anton.jp