里の恵み 編集室

2017年5月、東京から長野県飯山市に移住しました。北信エリアを中心に、長野暮らしのあれこれをつぶやきます。

茶屋池でブナの森歩き

飯山に引っ越してきてからはじめての本格的なハイキング。戸狩のペンションに集合してマイクロバスで山道を登り、茶屋池まで連れて行ってもらいました。

茶屋池ハイキング

茶屋池は信越トレイルのコース上、関田峠付近にあります。昔この峠が交通の要所だったころに茶屋があったことからその名前がついたそうです。

池をぐるっとまわるコース(1.1キロ、40分)と、その隣のブナ林を歩くコース(0.8キロ、30分)を散策しました。新緑を満喫。

なべくら高原茶屋池ハイキング

距離的にはお散歩感覚で歩けるのですが、標高が1100メートル程度の場所にあり、コース上にはまだ雪が所々に残っていました。しっかりしたトレッキングシューズをはいていてよかった。「備えよ常に」ですね。

もう6月の半ばですが、今年の飯山はいつもより涼しいとのこと。山の上はまだまだ春です。

なべくら高原茶屋池ハイキング

なべくら高原茶屋池ハイキング

コケもいろいろとありました。

なべくら高原茶屋池ハイキング

食べられそうな雰囲気のきのこが! いや、怖いので食べませんが。

なべくら高原茶屋池ハイキング

のんびり歩いて、ランチにおにぎりを食べて終了。

帰り道の大神楽展望台からの眺望、右端にあるのが高社山。風景を見ていて思ったのが、日常的に森歩きできるようになりたいな、ということ。そして、こんなところでお湯を沸かしてコーヒーをいれたい。まずは車を手に入れなければ。

大神楽展望台より。なべくら高原茶屋池ハイキング