里の恵み 編集室

2017年5月、東京から長野県飯山市に移住しました。北信エリアを中心に、長野暮らしのあれこれをつぶやきます。

熊の手洗湯にはじまり、熊の手洗湯で終わる。夏の野沢温泉外湯めぐり

お盆休み。両親と妹が北陸新幹線に乗って飯山にやってきて、野沢温泉に1泊しました。

子供の頃、家族旅行で野沢温泉に泊まったことがあるのですが、泊まったという記憶だけあって、画像や映像としてはまったく残っていません。

それはさておき、今回は外湯をめぐってみました。2年前の冬に来た時、熱くて湯船に入れなかった、というトラウマを克服するために(笑)。

大のぬる湯好きとはいえ、せっかく近くに住んでいるので、野沢温泉を満喫したいのです!

まずはぬるめの「熊の手洗湯」へ

熊の手洗湯は、外湯の中でいちばんぬるい、と言われています。しかも美肌の湯と言われています。以前来た時も入りましたが、いい湯でした。

ワクワクしながらたどりついた熊の手洗湯。なんと、建物が新しくなっていました。

野沢温泉

 

以前の古い建物も風情があってよかったのですが、新しい建物はやはり快適です。ドアを開けていきなり見えそうにないし(笑)。

浴槽はぬる湯とあつ湯があります。たっぷりかけ湯をし、ぬる湯にそろりと入ると、もう何とも説明しようがないほどのいい湯です。思わず「あ〜〜〜」と言ってしまうのを止められない(笑)。口もぽかんと開いちゃいます。

入り口の貼紙を見たところ、源泉は41.8度、使用位置は40度ということでした。お肌もすべすべになります。

熊の手洗湯を皮切りに、2日かけて「横落の湯」「大湯」「秋葉の湯」「十王堂の湯」「滝の湯」「上寺の湯」をめぐりましたが、けっこう難なく入れました。もしかしたら、夏は冬よりもぬるめなんでしょうか?

滝の湯は緑色の湯でした。誰もいなかったので撮影

野沢温泉

 

そして最後はまた熊の手洗湯へ。ぬるいから、ちょっと長めにつかれます。いい湯だわ〜。

温泉のあとは「七良兵衛珈琲」でひと息

先日見かけて気になっていた「Shichirohei coffee / 七良兵衛珈琲」でデザートセットをいただきました。キャラメル(だったかな?)のムースの下にはりんこを煮たやつ。上にはホイップクリーム。絶品でした。

野沢温泉

 

今度は休日に、ここでランチを食べてから、熊の手洗湯におじゃまさせていただこう、と思いました。

七良兵衛珈琲の正面には、「ぞうさん公園」がありました。これか、ぞうさんって…。

野沢温泉